四姉妹日記

yonsimai.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:マリン(胃拡張胃捻転のこと)( 17 )

マリン胃捻転手術 明日退院。

マリンは明日退院することになりました。

丁度1週間です。順調に回復してくれて退院の運びになりました。

だけど うちの子がまさかこのようなことになろうとは10年間飼ってきて胃捻転のことなんて
考えてもいなかった。まさかね~。

3ヶ月前から急に胃拡張になりそれから頻繁に繰り返し色々勉強してみると
胃捻転になりやすいタイプにどっぷり浸かっていた。殆ど当てはまっていたもの( ̄▽ ̄)
知らないことは幸せなことですねーーー。つくづく思いましたもん。

まぁやってしまったものは仕方ない。
これからのことを考えよう!

胃捻転再発防止のための胃固定はしてもらっているけど絶対ならないってことはないらしいし、
胃拡張にはなるらしい。なのでやはりこれからも注意は必要ですね。

すっかり忘れてた。入院費。
入院費払わないといけないんだった!!

手術代で眼が飛び出るくらいビックリしたけどそれで終わりでなかったのね( ̄▽ ̄)
今度はこちらの病院へ入院代を支払わなくては・・・・
怖くて聞いてないよ。明日小さな声で聞いてみよう。

犬(特に大型犬)を飼うってことはお金が掛かります。今回のような想定外のことも起きますし・・

でもマリンが元気になって帰ってくるんだから良しとしないと。
[PR]
by ake3904 | 2014-04-01 21:23 | マリン(胃拡張胃捻転のこと) | Comments(2)

マリン胃捻転手術③

d0116578_17174283.jpg

マリン手術から 5日経過。会いに行くと興奮が酷いので逆によくないかなと思い 朝、先生に様子を伺いついでに聞いてみた。「僕は毎日来て頂いた方が元気になるのでいいと思うので少しの時間でもなるべく来てあげて下さい」と言われた。土曜日から食事は少しずつ流動食も始まっているとのことで一応順調のようだ。 そして行くとやはり興奮興奮で本当に力の強いおじいさんのようなおばあさん(-_-;)今日も帰りたいアピールで面会時間わずか10分。こんな姿みたら連れて帰ってやりたいと心から思うけどここまで順調に来たのが水の泡になったらいけないし、もう少しの辛抱。
[PR]
by ake3904 | 2014-03-31 17:17 | マリン(胃拡張胃捻転のこと) | Comments(4)

マリン胃捻転手術②

マリン、手術から3日経ちました。

きゅーちゃんの診察日でもあったので病院へ行ってきました。
d0116578_19533586.jpg


マリンに面会できるということですが。。。

ここの病院は多すぎます。
患者が少なすぎる病院も不安ですが多すぎるのもどうでもいいです。

ラムの時で入院部屋の状態を知ってしまったのでマリンがどのようにいるのか不安なんです。
スタッフも沢山いますがそれでも中はごった返しているのをラムの入院で見ているので℡のないのは
大丈夫な証拠・・・とはいえないところがありそうで・・・不安なんです。


マリンが奥からドタドタドタ・・・と走って来ました。
d0116578_202693.jpg


私らの顔を見ることなく真正面の入り口ばかり見てとにかく帰る帰ると引っ張る。
凄い力です( ̄▽ ̄)飼い主の顔を見ません。怒っているのでしょうか!?きっと怒っているんでしょうね。

とにかく出たい。ここから早く出せ!!とそんな感じです。
d0116578_2053764.jpg


あまり興奮させたらいけないのでむしろ面会に来ない方が良いのかもしれません。

私は思わず先生に「連れて帰ってはいけませんか?」と訊ねてしまいました。

いえ~まだ点滴だけなんであと1週間くらいは様子をみさせてもらいたいんですね・・・と言われました。1週間も入院かい!!長すぎる。。マリンは耐えれるだろうかそっちの方が心配だ。

d0116578_2093316.jpg

[PR]
by ake3904 | 2014-03-29 20:13 | マリン(胃拡張胃捻転のこと) | Comments(3)

マリン胃捻転手術

昨夜 夜間救急病院で胃捻転手術をしたマリン。

今朝 掛かり付け病院に入院しました。現在入院中。



忘れないうちに書いておこう。

昨日晩御飯を5時半ころ食べる。いつもどおりフードプロセッサーで小さくしたフードを水でふやかしたもの。3回目の食事。この時私が手を滑らせボールを落としてしまい床にばら撒いてしまった
フードをマリンが勢いよく食べ始めてしまった。
食べ終えた後お腹を触るとちょっと硬いかな~?くらいの硬さ。

飼い主(私達)の晩御飯は7時過ぎ。
その時は特に気にせずいつもの様子。

晩御飯が済むといつもはこの辺で落ち着くがこの日は落ち着かずウロウロを繰り返していた。
水が飲みたい様子で水の催促。少しだけやる。お腹を触るとちょっと硬い。
まだ足りないと催促。様子がいつもと違うのでそれ以上の水はやらなかった。
お腹が硬いのでガス抜きの薬を飲ませる。
いつもは少しするとお腹の張りが緩む。

ウロウロが続きトイレへ行きたいのか階段を下りたいと催促。
下へ降ろしてやると慌てて裏庭へでてウンチをした。でもまだウロウロ。
様子がいつもと違うことで観察していた。お腹を触るとやはり硬い。

今度は私のベッドの上で丸まって寝始めた。でも落ち着かず寝返りを繰り返す。
私は薬を飲ませたしゆっくりリラックスしているとそのうち治まるのかな?と観察中。

しかし、寝返り繰り返し落ち着かず。
ムクっと立ち上がりベットから起き上がった。
マリンパパが2階から降りてきたら外へ出たいと要求。連れて出ず。
諦めてまたベッドの上に。お腹さっきより硬い感じ。

ムクっと立ち上がりベットから飛び降りると立ち止まり吐きたい様子。
吐きたいけど吐けない。何度か繰り返す。
お腹を触るとさっきより硬い感じ。

時間を見ると10時。
私は病院行きを決めた。
準備に20分くらい掛かり出発。レオが留守番できないため同行。さくらときゅーちゃんは留守番。

車の中ではゴソゴソしていて落ち着かない様子。

約1時間後、夜間救急病院着。
受付を済ませ車で待機。駐車場にマリンを降ろしお腹周りをみるとパンパン状態。ダルマ状態。
大量のヨダレが出ていることに気付く。でもしっぽ振って歩きは軽やか。時々あの前足伸ばしの
お祈りのポーズをとる。

看護士さんが様子を見に来てくださりマリンの様子を見て慌てて中へ入って行かれた。
15分くらい待って中へ。その時11時半くらい。

中にはマリンパパ。その方がマリンも安心のようだ。私はレオと外で待つ。

先生は思っていたほど拡張していないと思われたみたいでまずチューブを入れてガスを
抜こうとされた様子。しかしチューブが入りきらないことから捻転が起きているかもしれない
ということでレントゲン検査。結果捻転が既に起きはじめていた。
注射を指してガスを抜く。それからマリンはICUni入り点滴。(ここまでは後で主人から聞いたこと)

捻転が起きているということで緊急手術に入ったほうが良いとされた。
ここで説明を受ける。
まず、胃捻転の手術をしたから大丈夫ですということはいえないということ。
データ的には助かる見込みは5割で厳しい状態であること。
もし脾臓まで行っていたらそれも摘出する可能性があること。
そして一番は胃捻転手術は高額であること。金額を聞いたとき私は倒れそうになった。
仮に脾臓まで摘出ということになればそれ以上になること。
しかし、手術をしなければ奇跡的に捻転が元に戻らない限り死んでしまうこと。

確かに高額です。本当に怖いくらい。でもそれでは結構連れて帰りますとはいえません。死ぬのに。
手術すれば半分は助かるんです。色々な考えがあるでしょうがここで連れて帰るくらいなら
最初から連れてきていません。

全部聞いて手術をお願いした。

手術自体それほど難しいものではないとのこと。が、肝心は後のことだそう。
終わりました。はい治ります。ではないとのこと。

術後1週間くらいが大切でその間に亡くなってしまう子は亡くなってしまうらしい。

0時40分くらいから開始され麻酔が覚めて点滴が外れるまで3時間半くらいかかりました。
幸いなことにマリンは割りと早い段階で連れて行ったみたいで拡張も捻転も最悪の状態でははかったようで脾臓も色が少し汚くなっていたようですがそれ自体は大丈夫のようでした。胃洗浄をすると
色も綺麗になったとのことでした。(私の覚え書きなので違うことを言ってるかもしれません)

麻酔がまだ完全に覚めていない状態なのに私達(特にマリンパパ)の顔を見ると甘えた声を
出して早く帰りたいというマリンでした。お腹から血が出ていても点滴が外れて血が出ても
そんなの関係ない!といった様子でとにかく早く連れて帰れと訴えるマリンちゃんでした。

とりあえず手術は無事終わり家に帰ったのは5時半。もう薄ら明るくなっていました。
2時間ほど仮眠を取り掛かり付け医に入院となりました。

ここで暫く入院させてもらって元気になって帰ってきてもらいたい。
やはりマリンはいなくてはいけませんね。大変だけど・・・・

レオが寂しがってるぞ。
d0116578_22221884.jpg


ふっー長かった!!寝ます。
[PR]
by ake3904 | 2014-03-27 22:22 | マリン(胃拡張胃捻転のこと) | Comments(2)

マリンが…

d0116578_04956100.jpg

あれほど気を付けていたのにマリンがとうとう胃捻転を起こし緊急手術となった。 今オペが始まりました。こちらの先生のお話では助かる確率は五分五分だと。 がんばれマリン。
[PR]
by ake3904 | 2014-03-27 00:49 | マリン(胃拡張胃捻転のこと) | Comments(0)

またお世話になりました。今年だけで3回目( ̄▽ ̄;)

はぁ~、私って人は犬のことになると不安で不安で心配性でホント小心者なんです。

それに比べるとマリンパパは冷静というか冷静を装っているだけかもしれないが落ち着いて

対処できてるなーって思います (ここは尊敬した方がいいのかな?)

何がって、いえマリンちゃんのことです。

またなっちゃったんです。2日前のあの胃拡張のようなことに。

朝、昼は大丈夫なんだけどいつも夜なんだよね。

大変だった日の次の夜もちょっとだけ慌てたんです実は。その時はゲロ~って吐いてそれで

楽になったんだけどでも夕べは吐きそうにしても出なくていつもならゲップやおならをよくするのに

それも全く出ず、お腹はパンパン。

そしてあの前足を伸ばしながら伏せをするあの動作。あれが頻繁に出たんです。

本当にあの怪しげな「前足伸ばし伏せ」私に何かを訴えてる目。心配そうに何か訴えてる。

そこまでされるとこりゃただものじゃないわ!って思いますよね。

時間を見ればまた8時過ぎだし、病院閉まってるしとなるとあそこしかないね。夜間緊急病院さん。

こんなこともあろうかとこの日は飲んでませんでした。

どうする?どうする?と迷ってるうちに悪くなったらいけないので

迷うくらいなら行こう!!私が運転する。「まあ待ってみよう」いうマリンパパを横に乗っけて

1時間半掛けて下道通って行きました。(高速怖いんです~)

ところが病院へ着いた頃にはあらっ不思議。お腹の張りがなくなってる ̄▽ ̄

焦ってくることなかったってこと?

この日はフラット飼いの院長先生はおられなくて別の先生だったんだけどこちらの先生も

ホントお優しそうな方で何となくスピリチュアリストの江原さん似の先生で「うんうん!」って

こっちの話すことを聞いてくださり優しい言葉で

超音波してみましょうね。。。。って診ていただきました。

その時はマリンも普通に戻っていたしエコー見ながら言われたことは「この子普段から

おならとかよくでます~?」即座に私、「はい、おならもゲップもものすごく出ます」

「うん、そうですね~。ここのところが・・・・・」ってエコー見ながら説明されて

胃の入り口と出口があるんですけどこの子もう10歳過ぎだし老化のようなものも関係していて

入り口の辺がちょっと狭まってきていることも原因だと思うんですよね。

多分いままでにもこのようなことあったんじゃないかと思いますよ。と言われました。

そうかも、確かにこちらが分からなかっただけであったのかもしれないな~。

今すぐどうこうってことはないけど心配なら主治医の先生のところで

詳しくレントゲンしていただいたらいいですね。ここでも出来るけど主治医でもまた撮り直すように

なるだろうから。ってことでもしまた起こった時注意することなどを色々と聞いて帰って

きました。

心配して遠いところまで行き着いた頃にはケロッとしてなんだったのかしら・・・

家に置いてきたレオとさくらは11時過ぎに帰ったらレオなんて鳴き声も出さずに固まって

いたの。さくらと一緒だったからまだよかったけど寂しかったのかオシッコ漏らしてました ̄▽ ̄

よっぽど寂しかったんだね。

そして肝心のマリンですが、

今日から食後は
d0116578_22224345.jpg

こんなことになってます(≧▽≦)

仕方ないね~バタバタするから。

食事の回数は今まで通り朝、昼、夜の3回。特にマリンのような子は量を少なめで回数を増やす

方がよいのですって。

マリンがハウスの前では

レオ君が
d0116578_22262735.jpg


スヤスヤと気持ち良さそうに寝ていたのです^^」

しかし、私も「もう何が起きても不思議じゃない歳だから~ドーンと構えますよ!」っぽいこと

言っておきながらいざ起きるとアタフタしちゃって何か起きるたびにこっちが死にそうになってたら

ダメだね。こんなことじゃシニアの飼い主失格だわ!!ちゃんとしなきゃ!!
[PR]
by ake3904 | 2013-12-20 22:51 | マリン(胃拡張胃捻転のこと) | Comments(2)

良い子は悪いことの起きるサイン


マリンちゃん。あなたって犬は老女になっても私達をハラハラの世界に導こうとするのね。

ホントあなたには昔からハラハラドキドキを何度も経験させていただいているけど

今日もまたやってくれたよね。


いつものようにテレビを観ながらご飯を食べていた。

犬たちはいつものようにテーブルの周りを歩きながら・・・いいえ、そういえば違ってたわ。

マリンがいつもならテーブルの周りを回って時々私側の方をペロペロするのにそういえば

これがなかった。マリンがゴソゴソするからレオも釣られて歩き回るのにそれがないから

レオも大人しかったんだ。

それで私が「やっぱり、マリンが大人しいとレオもさくらもみーんな静かなんだよね。やっぱ

マリンが静かだと我が家の犬はみんな良い子なんだね~」なんてこの時は冗談言いながら

呑気にビール飲んでた。マリンはというと少し動いては手を伸ばすようにして伏せをしていた。

それを何度か繰り返していた。何か変じゃない??えらい良い子じゃない??

「今日、良い子だよね。何か気持ち悪いね~」とマリンパパと言いながら

「うん、さっきからおかしいと思ってた」みたいなことをマリンパパも言ってて

「マリン」って呼んでも直ぐに来ず、遠いところから見てやはり先ほどの手を伸ばすようにしながら

伏せをしている。

「ちょっと待ってやっぱり変よ」そのあとマリンのお腹を何気に触ったマリンパパが

お腹が張ってる・・・と。

なぬ?お腹が張っとる?どれどれ?と触ってみた。

こんなパンパンに張ったお腹は今まで触ったことがなかった。そして吐きたいのか舌なめずりをし

ソワソワが始まりそうな吐きたいときの動作になりそうなそんな様子。

胃拡張のようなものを想像し、実際経験したことないので(人からやネットでしか見聞きしてないため)
今後は未知の世界だった。

でも様子をただ見ているのは不安なため掛かり付け病院へ℡を入れる。

時間が8時前で先生は処置に入られたあとで(この時間でも処置ってやっぱすごい病院だ)電話口に出られないためスタッフが間でやり取り
して下さった。

胃捻転とかを心配されていると思いますがもしこのようなものなら既にもがき苦しんでいるはず

なのでそれとは違うのではないかと思うから様子を見てもらって心配なら明日来てくださいと・・

だからこっちはこれから胃捻転になるんじゃないかと心配しているわけで・・・

もうどうすりゃいいのって感じでワン友のバルママに℡してみた。バルママはこのケースで経験豊富な方なの

私が必死でバルママと話ししているころマリンはマリンパパが外へ連れて出ていた。

バルママから色々アドバイスいただいて心強くなっていたころマリンがヒョコヒョコと階段上がってきて

「ゲロとうん〇した」と・・・・みかんがスポッと出てきたと。

そういえばさっきみかんをマリンパパが少しやっていたんだ。それが引っかかっていたのか?

お腹を触ったらいつものやわらかい暖かいお腹。良かった~はーあ。

私はこのまま緊急動物病院へ走ろうかと思っていたぐらいだったので一件落着して良かったけど

でも本当に怖かった。

マリンちゃん、やっぱり良い子になっちゃーダメヨ。君はやっぱりいつもの君でなきゃみんなが

心配するんだよ。分かった?頼んだよ!!
d0116578_23361399.jpg

お腹が治って何かくれ~っといつものマリン。

d0116578_23375667.jpg


読み返していないから文章おかしいとこあるかもしれないけどもう面倒だからいいにしよう。

記録の為に書きました。眠い。寝よう。

PS,今思い出したけど緊急動物病院へ行こうと思ってたのはよいが二人とも飲んでいたんだった!! しかし、大事に至らなくて良かったけどこれが癖になったらいやだな~。
[PR]
by ake3904 | 2013-12-17 23:47 | マリン(胃拡張胃捻転のこと) | Comments(2)
line

大型犬と小型犬のいる生活。フラット、パピヨン、ゴルで仲良く暮らしています♪我が家の長女ラムは天使になりました。H26年3月1日よりパピヨンのきゅーちゃんが家族に加わりまたまた賑やか!!


by ake3904
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31